しまむらでお得にプール用品をゲット

6月になると、幼稚園や保育園ではプールでの水遊びが、小学校では水泳の授業が始まります。水着、バスタオル、ゴーグル、プールバッグなど、プールに入るためのグッズを準備する必要があります。使えるものが家にあれば良いのですが、子どもさんはどんどん成長するので、去年使っていたものを大切にとっておいても、サイズが合わなくなってしまうことも多いです。このように、何年も使えないことがわかっていたら、あまり値段が高いものは買いたくないですよね?そんな場合は、しまむらのセールを狙って、プール用品を安くゲットしましょう。

しまむらでは、「レジにて30%オフ」という数日間限定のお得なセールを定期的に行っています。セールの対象となる商品は限られていますが、その中に必要なものがあれば、かなりお得にゲットできるチャンスです。「号外チラシ」として発行され、セール期間中は多くの方が来店し、良いものはすぐに売り切れてしまうので、セール初日に行くことをおすすめします。

プール用品も対象となっていれば、もともと低価格の商品をさらに安く買うことができます。例えば、体を拭いたり着替えに便利なスナップ付きのバスタオルの場合、キャラクターデザインの980円のものが680円で購入できます。もともと780円で販売されているバスタオルだと、30%オフで540円になります。ゴーグルも780円で販売されていますが、30%オフのチャンスなら540円とかなり安く手に入ります。

また、夏の終わりに近づくと、夏物処分セールが始まります。夏の終わりなので、その年にはあまり使えないかもしれませんが、来年用にサイズを考えて安く購入しておくのも良いでしょう。ビニール製のプールバッグは破れやすくて、1シーズンでダメになってしまうことも多いです。それを考えれば、セールで安いものをゲットできるのは良いですね。780円のものが380円まで値下げされることもあり、数年使えたり弟や妹のお下がりにすることができれば、かなりお得な買い物になります。

幼稚園や保育園の場合、天気が良い日は毎日のようにプールに入り、小学校でも週2~3回程度授業があるようです。そのため、バスタオルは洗い替えが必要になると思いますが、しまむらなら低価格なので、多めに買っておけます。しまむらで行われる夏物処分セールは、他のお店と比べると、少しタイミングが遅いようです。その時期を見逃さないように、チラシをこまめにチェックしておきましょう。
もっと詳しく⇒不動産投資セミナー東京

2019年のトレンドとは?絶対におさえておきたいマストバイアイテム6選

桜が咲き、春の季節がやってきましたね!
新しい年度が始まり、おさえておきたいのは今年のトレンドです。

新しい出会いの季節である春は、
センスのあるお洋服を着てお出掛けしたいですよね。

今年のトレンド情報を手に入れて自身を持ち、
”オシャレだね”、”センスいいね”と言われましょう?

●今年のトレンドキーワードは…?

2019年のトレンドキーワードは
・ドレープ
・タイダイ柄
・シャツワンピース
・ベルト
・ペールトーン
・モノグラム の6つです。

それぞれ流行ポイントや詳しい内容についてご紹介していきたいと思います。

●ドレープとは?

ドレープ(drape)とは、女性のドレスにも使われる言葉で、
布を垂らしたときにできるゆったりとした「ひだ」のことです。

分かりやすいイメージはカーテンです。
カーテンのような少し厚みがあり、ひだのあるもののことを”ドレープ”といいます。

ドレープスカートが見せる効果としては特有のひだやそのシルエットから、
女性らしいエレガントな印象を演出することができます。
2019年春はそんなシルエットにこだわったスカートがトレンドです?

●タイダイ柄とは?

タイダイ柄のタイダイとは、タイダイ染めが語源になっています。

マーブル模様と言われる柄となかなか区別がしにくい柄なのですが、
絵具で例えるとマーブル柄は色を筆でぐるぐる混ぜたもので、
タイダイ型は色を筆でトントンしながら模様を作るイメージです。

●シャツワンピース・ベルトとは?

これは説明するまでもありませんね。
今年のトレンドはストライプと襟付きシャツワンピです?

ベルトをウエストマークのアクセントとして合わせるのが今年のトレンドです。

●ペールトーンとは?

毎年この時期に定番のパステルカラーのさらに淡い色を”ペールトーン”と呼びます。

ピンクやミント、アクアブルーなどの春っぽいカラーがトレンドです。
ラベンダーも2018年から継続して人気が高いですよ♪
シックなコーディネートが好きな方も、
ペールトーンのアイテムを取り入れると柔らかい印象になれますよ?

●モノグラムスカート(レトロ柄)とは?

モノグラム柄とは
2つ以上の文字を組合わせてオリジナルに図案化したもののことです。

例えば、ルイ・ヴィトンの「L」と「V」や
シャネルの「C」を重ね合わせた模様と説明するとイメージが湧きやすいですね。

モノグラム柄をスカートやワンピースに取り入れると
今年っぽいトレンドを抑えることができますよ!

いかがでしたか?

これで今年の流行のトレンドワードは抑えられましたね!

ご紹介したトレンドの入ったアイテムを手に入れて
おしゃれを楽しみましょう。
管理人のお世話になってるサイト⇒阿佐ヶ谷のホットヨガ

マタニティ筋トレ・自転車は乗ってはダメなのか?

妊娠中は、運動やマタニティ筋トレなどはとても大切なことなのです。
では、自転車での運動はどうなのでしょうか。
自転車に乗ることは、あまりおすすめではありません。
妊娠中期から後期にもなってくると、お腹がとても大きくなってきます。
自転車をこぐときには、太ももがおなかにあたってしまい圧迫することになってしまうのです。
さらに、ハンドルにもおなかがぶつかりやすくなってしまいます。
そのために、ハンドルも自由に動かすことができず自転車の運転にも危険が及んでしまうのです。
小さな子供さんがいる場合には、どうしても出産ギリギリまで自転車に乗りがちです。
ですが、妊娠後期には絶対に自転車に乗らないようにしましょう。
妊娠初期であったとしても、転倒するリスクが高いために乗ることは控えるべきです。
さらに、妊娠初期は黄体ホルモンが多く分泌されます。
これによって、体温が少し高めになってボーッとすることがあります。
そのために、横道から出てきた車に気づかなかったりなどうっかりミスによる横転や事故の危険もあるのです。
自転車というのは、どうしても振動があります。
その振動によって、妊娠初期であっても避けたほうがよいとされているのです。
自転車は、もともと骨盤を整えると良い運動になると言われています。
ですが、サドルの形やメンテナンスの状況によっては逆に骨盤が歪むとも言われているのです。
お腹が大きくなり注意しながら乗ることで、骨盤が歪む原因にもなるのです。
妊娠は、大体妊娠3~4週頃生理が来ないことで妊娠に気づくことが多いのです。
ですから、妊娠していることに気が付かず自転車に乗ってしまっていることもあるのです。
妊娠3~4週頃というのは、受精卵が着床できるかどうかという大事な時期なのです。
この時期に自転車に乗ったからといって、転倒でもしない限り流産につながるようなことはありません。
ですが、妊娠しているとわかった時点で自転車に乗ることは控えるようにしたいものです。
妊娠初期にどうしても自転車に乗らなければならない場合には、でこぼこ道は避けるようにしましょう。
さらに、段差のある場合にはゆっくりと注意して通るようにしましょう。
雨や風の日には、特に自転車の場合転倒することが多くなってしまいます。
悪天候の日には乗らないようにすることも、とても大切なことです。
乗るか乗らないかを決めることは、自己責任になります。
あとで後悔することのないように、注意したいものです。
PR:枚方のホットヨガスタジオ